読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズリ通信

子育ての記録、人間関係論、シンプルな生活などについて。

不倫が社会的に許容されなくなった理由

先日渡辺謙さんの不倫が週刊文春にすっぱ抜かれて、ワイドショーなどでも大きく取り上げられてます。 以前だったら日本人ハリウッドスターのような大物が不倫した場合、もっと社会的に許容されていたような気がしますが、今の世の雰囲気は違います。不倫する…

鼻水の吸引を毎日やっています

子供が生まれて5ヶ月位たったときでしょうか、鼻水がつまって苦しそうにしていることがありました。 「鼻水がつまったら、吸い出してくださいね」 と看護師さんから言われていたため、鼻水吸引器で吸い出して上げたのですが、冬になると寒いせいか、それから…

隠れんぼ

最近のうちの子供は、隠れたふりをして私を驚かすことに夢中になっています。 ベッドに寝そべっていると、ベッドの足元へこっそりやってきて、私の足をつついてしゃがみます。私が、 「あれ、◯◯ちゃんがいないぞ」 と言いながら探すふりをすると、 「ああ!…

片足を引きずりながらハイハイをしていた

子供が初めてハイハイをするようになったのは、生まれて9ヶ月経った頃です、 ところが最初の頃は、片足を引きずりながら這うというもので、それが数ヶ月続きました。いずれ治るだろうと思っていたのに、思っていたよりも長く続いて気になったことがありまし…

風呂場で水を飲みたがる

これまで子供をお風呂に入れる時は、慎重に抱っこしたままでした。ところが成長して立てるようになると、湯船の中でも立ちたがるようになったため、私の腕の中ではじっとしてくれません。 しょうがないので、溺れないように浅くお湯を張り、立たせて、湯冷め…

のん(能年玲奈)と北島マヤ

『ガラスの仮面』という有名な演劇スポ根長編漫画があり、長年のファンです。 で、この中に出てくる北島マヤと、「この世界の片隅に」で主人公の声を演じたのん(能年玲奈)の存在が似ているな、と映画がヒットしてから考えていて、映画を観た後に記事にする…

「この世界の片隅に」の尾身美詞(おみ みのり)さんの演技が良い

「この世界の片隅に」をようやく観てきました。ジーンと来ました。 戦争という非日常に突入していく時代に、我々の生きる現代につながっている日常がある。当たり前のことを優しく淡々と素敵に描いている作品でした。 帰宅して、思わず妻に、 「こんな俺と結…

独り言を止めたらコミュニケーション能力が上がった

「無くて七癖 有って四十八癖」 ということわざがありますように、癖(くせ)というものは無い人でも7つくらいは何かしらあるもの。かくいう私は癖が多いほうかもしれません。その一つとして「独り言を言う」という悪癖が以前ありました。 癖の自覚は大学生 …

子供がニャンニャン言うようになった

これまでほとんど話さなかった子供が、ウソのように喃語(なんご)を話すようになりました。 「まんま、まんま」とか「だーだー」だとか、他のお宅の喃語にはいろいろなパターンがあるようですが、うちは「ニャンニャン」ばかりです。猫の化身でしょうか。 …

夜泣きが大きく改善された②

あれは妻が読んだ本なのか、私が読んだネット記事だったのか。 今となっては定かではありません。その中に、 「子供が生まれて約半年頃までは、数時間おきの授乳が必要。しかし、それ以降の離乳期には、子供が夜に泣くからと言って頻繁に起こして授乳してい…

夜泣きが大きく改善された①

これまで何度か、夜泣きについて悩んでいた頃のことを書いてきました。 サイレンのような泣き声 夜泣きは睡眠を奪う 夜泣きで仕事に支障が出始める 樋屋奇応丸を飲ませるまでの躊躇 樋屋奇応丸を飲ませたり、小児鍼を試したり。 いろいろな方法を取った中で…

子供の肌には馬油を塗っています

子供の肌を乾燥から守るために、馬油を塗っています。 ソンバーユ 無香料 70ml 出版社/メーカー: ソンバーユ 発売日: 2003/01/20 メディア: ヘルスケア&ケア用品 購入: 101人 クリック: 362回 この商品を含むブログ (33件) を見る 以前は体全体に塗っていま…

2回目の『君の名は。』

『君の名は。』の2回目を観に行きました。 『君の名は。 Another Side:Earthbound』という、映画のサイドストーリーが角川から出版されています。1回目に映画を鑑賞した後に読み、再び映画を観ようという原動力になりました。三葉の父親と、母親の二葉との間…

はてなには、いつか立ち上がり戦って欲しい

私が密かに、記事の更新を心待ちにしていたブログがいつのまにか消えていました。 そのブロガーはややアングラ系で、医者を脅迫した話などを記事にしており、あまり褒められたタイプの人間ではありません。もしもリアルで出会っても、仲良くなりたくありませ…

潰してしまわないか心配になる

新生児の頃から数ヶ月は、常におっぱいを欲しがるため、子供は妻と一緒の布団で寝ていました。私もすぐ隣で寝ていますので、親が寝返りでもして、誤って圧死させるのではないか、と心配していました。 妻はその心配をすぐにしなくなりました。子供が生まれて…

子供が床に食べ物を落とす

わが子が最近、離乳食をさじですくったり手づかみしたりして、食べずに床に投げ落とすようになりました。子供用の椅子にとりつけた補助テーブルの上に載せた容器の中の食べ物を、面白がって床に落とします。「いけません」と叱っても言葉の理解が不十分なの…

『マスターキートン』を実写化するならウエンツ瑛士がいいと思うワケ

『MASTERキートン』はもう20年前に連載が終了したにもかかわらず、今でもファンを増やし続けている作品です。私も当時夢中になり、今でもBOOKOFFで見かけると手に取ってしまいます。数年前に出た続編も買いました。 中でも印象的な話の一つが、第1巻掲載の…

子育ては3歩進んで2歩下がる

前回小児鍼(しょうにばり)について記事にしました。この方法はとても効果があったとはいえ、実のところ1時間間隔で夜泣きしていたのが3時間間隔で寝てくれるようになった、という程度の変化であり、夜泣きが完全に解消されたわけではありません。 しかし、…

夜泣きに効果的だった小児鍼(しょうにばり)

生まれてから8ヶ月ほどまで、何度も夜泣きに悩まされ、普段の生活から余裕が無くなってきました。睡眠時間を長く取れるようになると、今度は泣き声が大きくなり、何度も夜中に起きざるを得ませんでした。 暇があればGoogleで、 「夜泣き 対策」 などのキーワ…

隣室との間にダンボールを立てかける

さて、再び夜泣きの話です。 子供の泣き声で困ったことの一つが、隣家に迷惑がかからないか、という心配でした。 うちのマンションは古いためか、防音がしっかりしておらず、隣家の咳払いすら聞こえてきます。うちの子供の泣き声が、隣に漏れないはずがない…

立ち上がって決めポーズを取る子供

子供が立ち上がって、決めポーズを取るようになりました。お尻を突き出して両手でバランスを取りながら、私の方を向いてニヤッと笑います。それが得も言われないほど可愛い。 立てることが楽しいのでしょう。また、私を見上げてからニヤッと笑うのは、見られ…

『ど根性ガエルの娘』15話を読んで感じたこと

『ど根性ガエルの娘』の第15話がWeb上にアップされています。その内容を紹介する記事を読みました。 gerusea.hatenablog.com 第1話がWeb上にアップされたときにも、はてなのホットエントリーとして挙がっていたのを私は覚えています。当時の記憶がまだ残って…

樋屋奇応丸はなんとなく効いたと思う

引き続き樋屋奇応丸の話です。樋屋奇応丸は本当に小さく、直径1.7mmの小さな芥子粒でして、それが小指の先程の大きさの瓶に120粒入っていました。 生後数ヶ月の子に飲ませるためには、授乳時に妻の乳首の先にくっつけて、乳首を含ませるという方法を取ります…

樋屋奇応丸を飲ませるまでの躊躇

夜泣き対策としての樋屋奇応丸(ひやきおうがん)のことを知らない人の中には、 「え、病気でもない子供に薬を与えるの?」 と驚かれた方もいらっしゃるでしょう。私も気がかりでした。 とはいえ、困っていることは事実。その困惑と葛藤の中で思い出されたの…

夜泣きで仕事に支障が出始める

さて、またも夜泣きの話です。 子供のいる友人や知人と情報交換をしたところ、うちの子供の夜泣きの頻度は多かったようです。 「夜泣きで眠れないでしょう?」 と尋ねても、 「いや、三時間は眠れる」 と言われて、うらやましく思ったものです。 寝たかと思…

また一人はてなブログから去ってしまった

数年前まで、子育てブログにはほとんど興味をもてませんでした。 はてなのホットエントリーとして表示されていても、読み飛ばしていた(失礼)子育てブログに共感できるようになったのは妻が妊娠してから。人間は環境によって変わるものですね。 そんな私が…

夜泣きは睡眠を奪う

赤ん坊が実家から戻って、最も苦しんだのは夜泣きです。 夜泣きがなぜそこまで苦しいのか? それは我々がこれまで当然だと考えていた睡眠による休息方法を確実に奪うからです。 最初の数ヶ月、赤ん坊は1時間か2時間おきに泣いていました。1時間おきに泣く、…

サイレンのような泣き声

赤ん坊の泣き声がうるさいということは知っていました。 それを人間がうるさいと感じるのは、子に迫った危険を確実に捉えるため、赤ん坊の泣き声を最も不愉快だと感じるようにできている(親は子の泣き声を止めるために奔走するから)、という話を聞いたこと…

死なないか心配だった

書き溜めているわけではなく、記憶を頼りに書いています。 ランダムに浮かぶ思い出をそのまま書くことをお許しください。 弱々しい泣き声 生まれたばかりの子供の泣き声は、か細く弱々しいものでした。 生きているのか死んでいるのか心配になるような弱々し…

まずは赤ん坊が可愛いと思えなかったことについて

乳児は反応がない 生後28日目までの子供を新生児、1歳までの子供を乳児、あるいは赤ちゃんと呼びます(1歳を過ぎると「赤ちゃん」とは呼べなくなるようです)。 赤ちゃんの時期は、想像していた以上に様々な機能が未発達で、中でも感情の発達が遅々として進…

ブログのコンセプトについて

子供が生まれて一年が経ちました。 ブログや本を読んで予備知識を仕入れ、子育てについて覚悟をしていたつもりでしたが、実際に子供が生まれると、想像とはかけ離れた大変な日々が待ち受けていました。一年経っていい思い出となりましたが、当時を思い返すと…