読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズリ通信

子育ての記録、人間関係論、シンプルな生活などについて。

ブログのコンセプトについて

乳児期(1歳まで)

子供が生まれて一年が経ちました。

ブログや本を読んで予備知識を仕入れ、子育てについて覚悟をしていたつもりでしたが、実際に子供が生まれると、想像とはかけ離れた大変な日々が待ち受けていました。一年経っていい思い出となりましたが、当時を思い返すと苦労の連続でした。

なぜ乳児(一歳に満たない子供のこと)の子育てが、当初の想像と異なっていたかといいますと、たまたま私が読んだ本やブログでは、子育ての恐怖を煽らないように、子育ての辛さや苦しさを柔らかく表現したものが多かったためだろうと思います。

それに、これは私が痛感しているのですが、子育てにも慣れ子供も手が前よりもかからなくなると、つらかった日々の記憶が段々と薄れていくのです。だから、子育てを振り返って書かれた文章には、乳児の子育ての辛さをリアルに描いたものが少なかったのでしょう。

私もいずれ、子供が生まれたばかりのときは大変だったという記憶を思い出すこともなくなるでしょう。子育てはあまりにたくさんの記憶が刻まれていくため、古い余計な記憶は押し出されて消えていく運命にあります。

今はひたすら子供が可愛く愛おしい。うまれたばかりの赤ん坊をどうやって世話するか、四苦八苦しながら、まったく感情の反応がない子どもを可愛いと思えなかったことがウソのようです。

しかし、それではもったいない。

このブログでは、まずは新米パパの一年目の子育てでつまづいたことを中心に、男親の関わり方や妻とのあり方などについて、できるだけ正直に記録としてつづろうと思います。

もっとも、そればかりでも飽きてしまうので、日々考えたこと、感じたことについても書いていく予定です。

 

 

今週のお題「2017年にやりたいこと」

このブログを少なくとも週に一度は更新すること、ですね。