読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズリ通信

子育ての記録、人間関係論、シンプルな生活などについて。

2回目の『君の名は。』

雑記

君の名は。』の2回目を観に行きました。

 

君の名は。 Another Side:Earthbound』という、映画のサイドストーリーが角川から出版されています。1回目に映画を鑑賞した後に読み、再び映画を観ようという原動力になりました。三葉の父親と、母親の二葉との間にどのような交流があったのか知ってから映画を観ると、1度目に観たときとは違った別の熱い想いが胸に迫ります。

 

2回目に観て、電車内にZ-KAIの広告が貼られているのに気がつきました。私は受験生の頃にZ-KAIにお世話になっていたため、懐かしくて帰宅して妻に、

「映画の中で、電車の中にZ-KAIの広告があったのに気づいた。エンドロールにもZ-KAIの名前があったから、協賛しているんじゃないのかな」

と告げたところ、

「私は最初から気づいてた。三葉のノートの取り方がとても良くできていたから、Z-KAIが指導していたと思う」

と言っていました。学生時代に塾講師をしていた妻の目のつけどころに感服。そういえば、三葉のノートの取り方はうまかったな、と思います。

 

ストーリーはすでに知っていましたが、いろいろな発見があり、なおかつ映像が美しく見飽きません。画面の一つ一つが丁寧に作り込まれていて、情報量が多く、じっくりと眺めるうちに映画は終わりました。心地よい脱力感。2回観る価値はあります。