読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズリ通信

子育ての記録、人間関係論、シンプルな生活などについて。

独り言を止めたらコミュニケーション能力が上がった

「無くて七癖 有って四十八癖」

ということわざがありますように、癖(くせ)というものは無い人でも7つくらいは何かしらあるもの。かくいう私は癖が多いほうかもしれません。その一つとして「独り言を言う」という悪癖が以前ありました。

 

癖の自覚は大学生

「一人暮らしをしていると、独り言を言うようになるよね? 夜になって『あ、鍵閉めなきゃ』とか自然に言ってない? 寂しいからかな」

サークルの友人からそう聞いて笑いましたが、帰って気をつけてみると、私自身も独り言を言っていることに気づきました。それが最初の自覚かも。

 

学生なので、英語の勉強のために英文を音読したり、試験勉強のためにテキスト音読をしたりしている影響だったのかもしれません。

「私も一人暮らしだし、独り言の癖がつくのはしょうがない。記憶の定着にも考えの整理にも役立つ。人に迷惑になるわけじゃないし、何が悪い」

当然のことだと思っていました。

 

ところが、癖は直そうと思わなければ直りません。社会人となって数十年、習い性となり独り言の癖は治らず、会社で同僚から注意されたこともありました。その時には直しますが、根本的に治そう、とまでは思いきれませんでした。

 

コミュニケーション能力に悩む

ところで、はコミュニケーション能力が低いことが昔から悩みました。これを強く自覚するようになったのは社会人になってからで、職場の人間関係や恋愛で悩む理由の一つでした。

 

そこで「会話力を高める方法」的な本を読んだりして解決の道を探っていたのですが、思うような効果が上がりません。

 

年齢を重ね、それなりにごまかせるようにはなりましたが、根本的な解決とまではいきませんでした。

 

共通する「独り言」「鼻歌」「愚痴」の持ち主

ある時ですね、こういう話を聞きました。

  • 「独り言を言う」「鼻歌を歌う」「愚痴をもらす」という癖はつながっている。
  • その根底には、他人からどう見られているか、ということへの鈍感がある。
  • もっと言えば、周りへの注意、観察力がない。
  • 表層意識はもともと、周囲や他人の観察のために空けておかなければならない。
  • 会話とは、相手を観察して何を考えているのか想像しながら「楽しい時間を過ごす」「仲良くなる」「問題を解決する」などの最終的な目的に沿って適切な言葉をやりとりしていくもの。
  • 正しい観察なしに正しいコミュニケーションは取れない。
  • 普通の人は、表層意識で当たり前のように、周囲や相手を観察している。
  • ところが上記のような癖の持ち主は、表層意識が「考え事」「歌」「他人への恨みつらみ」で普段からいっぱいになっている。
  • だから周囲を観察したり他人を思いやったりする余裕がない。
  • 「観察しよう」と思っても、頭の中にあふれるものが邪魔をする。
  • 結果、コミュニケーション能力が低くなる。

そういえば、コミュニケーション能力の低い人間に、ブツブツと独り言を言う癖の持ち主や鼻歌を歌う人が多いのは確か。愚痴を言う人は自己中心的な人が多く、これまたコミュニケーション能力が高い人には少ないでしょう。

 

このような癖は、他人に多大な迷惑をかけていることが多いのに、それを自覚出来ないということ自体、自分を客観的に見られず、常識のないことの証左です。

 

軽く考えていた自分の癖が、実は自分の人生にとって悪影響を与えていたのかもしれないと気づいてから、独り言を絶対に言うまいと心に誓いました。

 

ところが、癖を治すのはとても難しいものでした。いくら気をつけても独り言を思わず言ってしまいます。「独り言言うのを止めなきゃ」と言って赤面したことも。自覚するようになると、独り言の多さに驚きました。これほど頻繁に言っていたとは。

 

独り言が減るにつれ、意識が明晰になり、周囲を観察する余裕が出てきました。他にもいろいろな努力をしてきましたが、独り言を止めたことで、コミュニケーション能力が大きく改善されたのを感じています。

 

天才数学者などがブツブツと独り言を言うような過集中が必要な場合も、もちろんあるのでしょう。しかし普段の生活や仕事では、他人とコミュニケーションを取りながら活動を並行して行う必要があるため、過集中はむしろ害悪です。そもそも自分のことで頭がいっぱいなのに、他人とコミュニケーションが取れるはずがありません。

 

普段独り言を言ったり鼻歌を思わず歌ったり、あるいは愚痴を誰かれ構わず漏らしているような人は、その癖を肯定せず、癖を断固として改めてみてください。人生が変わるかもしれません。