読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズリ通信

子育ての記録、人間関係論、シンプルな生活などについて。

風呂場で水を飲みたがる

子の成長

これまで子供をお風呂に入れる時は、慎重に抱っこしたままでした。ところが成長して立てるようになると、湯船の中でも立ちたがるようになったため、私の腕の中ではじっとしてくれません。

 

しょうがないので、溺れないように浅くお湯を張り、立たせて、湯冷めしないようにたらいでお湯をかけながらお風呂に入れるようになりました。

 

お風呂のお湯はいつも80リットルと少なめで、お陰で水の節約となりましたが、親は肩が冷めていけません。これも子育ての、我慢。

 

子供は親心を知らず、屈託無くケラケラ笑いながらおもちゃで遊んでいます。頑是ないものです。

 

最近の我が子のお気に入りは、蛇口から直接水を飲むことです。水が流れていないと、

「うっ、うっ」

とうなり、蛇口をひねるように私をせかします。蛇口をひねってチョロチョロと水が流れるように操作すると、ニヤニヤと笑いながら蛇口に口をつけて水を飲むのです。マンションの水を直接飲ませたくないために(うちは浄水器トレビーノを使っています)、何度か止めさせようとしましたが、泣いて嫌がるので今では好きなようにさせています。

 

水を飲むことに夢中になり、咳き込むこともあります。そこまでして水分を補給したいならと、幼児用の水飲み器具をお風呂に入れたこともありましたが、蛇口から直接水を飲むことに固執します。この無意味な執着が、なんともかわいくてなりません。