読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズリ通信

子育ての記録、人間関係論、シンプルな生活などについて。

片足を引きずりながらハイハイをしていた

子供が初めてハイハイをするようになったのは、生まれて9ヶ月経った頃です、

 

ところが最初の頃は、片足を引きずりながら這うというもので、それが数ヶ月続きました。いずれ治るだろうと思っていたのに、思っていたよりも長く続いて気になったことがありました。

 

ネットで調べると似たような症例がいくつか報告されていました。しかし最近のネットは似たような記事やQ&Aが多いです。業者がヤフー知恵袋の一例を元に記事を水増ししているのかもしれず、あまり当てになりません。

 

段々と背中の左右が非対称になっているような気もします。左足をひきずっていたため、左側に曲がるように誘導して、左足をどうにかして使わせるように仕向けたこともありました。

 

ところが杞憂でありまして、段々と高速で這うようになり、今では立ち上がり、当たり前のように歩いています。背骨も左右均等に成長しています。

 

左足を引きずりながらのハイハイが直ったのは、妻が実家にしばらく帰っていたのがきっかけだったように思います。うちは狭く、ハイハイで往復するのが難しいウサギ小屋です。それに比べると妻の実家は広く、自由自在に動くことが出来ます。お陰で、ハイハイを練習して、身体の正しい使い方を覚える事が出来たのでしょう。

 

子供の成長のためには、広い場所が必要です。