読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズリ通信

子育ての記録、人間関係論、シンプルな生活などについて。

不倫が社会的に許容されなくなった理由

人間関係

先日渡辺謙さんの不倫が週刊文春にすっぱ抜かれて、ワイドショーなどでも大きく取り上げられてます。

 

以前だったら日本人ハリウッドスターのような大物が不倫した場合、もっと社会的に許容されていたような気がしますが、今の世の雰囲気は違います。不倫する人に対して、しらーっとしているというか、冷たいというか。

 

社会全体に不倫する人間に対する嫌悪感が蔓延しているのを、ひしひしと感じるのです。これは何故でしょう?

 

いろいろな理由があると思いますが、私は二つ、インターネットによって社会が大きく変容したことが理由としてあるのではないかと考えました。

 

恨みの可視化

一つは、不倫された側、被害者の声の可視化です。

 

これまでの不倫に関する情報は、加害者側の発言の方がどちらかと言えば多かったのです。例えば芸能人やスポーツ選手、あるいは作家や政治家。

 

彼らが不倫された! という報道よりも、彼らが不倫している! という報道の方が圧倒的に多く、その時に雑誌やテレビで大きく紹介されるのは、不倫する側の論理でした。

 

もちろん、コメンテーターの批判は紹介されますし、被害者側の声が加害者を叩く材料として使われることもあります。

 

しかし報道のメインは、不倫した側の釈明です。

 

また、身近な話として、世間話で「不倫した経験者の自慢話」をよく見聞きしたものです。それに比べると、不倫された側がどれほどつらかったのか、を聞くことはあまりありませんでした。

 

人は自慢はしたがりますが、恥ずかしい話、忘れたい話は、できるだけ隠したがるものだからでしょう。

 

ところが、インターネットのお陰で、不倫被害者の声が多くの人に届くようになりました。2ちゃんねるまとめサイトやブログで、不倫被害者たちの、

「不倫されたことで数十年経った今でもほど辛い」

「信頼していた最愛の人から裏切られて、人生が激変した」

「ストレスで今でも嘔吐することがある」

という声を知ることが出来ます。インターネットを利用する時間の多い人は、必然的にそうした声に触れる機会が増えました。不倫がどれほどされた側の心に深い影を落とすのかについて書かれた長い記事を、今の20代から40代の人ならば一度は読んだことがあるのではないでしょか。

 

このことが、不倫に対する嫌悪感の蔓延に大きな影響を与えているのではないか、と思うのです。

 

 

因果応報の可視化

もう一つは、不倫する人間の「末路」を多くの人が知るようになったことです。

 

これまで芸能人の訃報が伝えられ、それと同時に晩年の寂しい様子が伝えられても、理由について事細かに語られることは稀でした。マスコミも、亡くなった人を叩くような真似は控えていたためであり、どれほど過去に妻を泣かせていようとも、

「◯◯がかわいそうだ」

という声ばかり、紹介されていました。

 

ところが今は、たとえば山城新伍が亡くなった時に、彼の女性関係がどれほどでたらめだったのか等、具体的に臨場感をもって、誰かが紹介してくれます。当時の週刊誌のネタから自著の内容まで、これでもかというくらい、知らせてくれます。

 

それを読めば、

「ああ、こりゃしょうがないな」

と思います。芸能人にとどまらず、政治家やスポーツ選手で寂しい晩年を迎える男性の多くが、過去に浮気で妻や家族をないがしろにしていたという事実を、人々は共有するようになりました。

 

また、多くの人のブログで、若い頃に浮気三昧だった人間が、どのような惨めな生活を送っているのか知るようになりました。

 

もちろん、どんなに放蕩の限りを尽くそうとも、幸せな老後を送っている人はいますが、これは統計上の「外れ値」のようなものです。

 

それを目標にするのは、自分を特別な存在だと信じる幼い思考の持ち主であることの露呈でしょう。

 

こうして不倫のもたらす弊害が社会通念となったことも、不倫に対する軽侮感、拒絶感を人々が共有するようになった理由の一つでしょう。

 

人をいじめていた過去を、自慢げに語ることがいつの間にか恥ずかしいこととなったように、浮気自慢をすることが、テレビでも次第に難しくなりつつあります。それは多分、社会にとっては良い変化なのでしょう。