読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズリ通信

子育ての記録、人間関係論、シンプルな生活などについて。

自分で書いたブログが面白くないと思った時に

ブログを書きながら、
「私の記事を読んでくれた人は、この記事を面白いと思ってくれるだろうか」
と疑うことはありませんか?。

 

私はあります。読み返すと面白いと思えず、こんな記事をアップして世の中に意味があるのだろうか、などと悩むこともあります。

 

ところが、アップして数日して読み返すと、意外に悪くありません。このブログでは子供の夜泣きでどう困ったのか書いたことがありますが、書いた直後には書くことで四苦八苦して無味乾燥に思えたのに、数日して読み返した時には、夜泣きで困った時期の記憶が鮮明に蘇ってきました。

 

感情をかき立てられるものならば、その記事は少なくとも、無味乾燥ではないでしょう。

 

以前テレビで観たある新人お笑い芸人のインタビューを、ふと思い出しました。

 

その新人芸人は「新ネタを作って舞台で披露する時は緊張する。笑ってもらえるかどうか不安になる」と語っていました。その不安は、録画された自分のネタを見返しても同じなのだとか。

 

そのネタが面白かっただけに、そのインタビューが驚きでした。こんなに面白いネタを作っても不安になるのなら、誰だってそうだろうな、と思ったものです。同時に、自分のネタなんて、そもそも次に何言うか分かっているから面白いのかどうか分からないんだろうな、と分析しました。

 

この時、明石家さんまが、自分の出ていた番組録画を見返してはゲラゲラ笑う、という逸話を思い出して、ハッとしたものです。

 

それを長いこと、自己愛のせいだ考えていました。

 

しかし、自分のネタを笑えるのは、自己愛とは真逆なのかもしれないな、と考え直しました。トークが次に何を言うのかすべて分かっていて、意外性も何もないのに笑えるのは、自分を突き放して、客観的に他人の目で観ることができるからこそ。

 

第三者の視点で自分をいつでも俯瞰できる、神の視点の持ち主、と言うと言いすぎでしょうか。

 

ブログも同じで、自分の書いたものを面白いと思えないのは、単に自己を客観視出来ていないだけかもしれません。

 

つまらないとわざわざ言ってくる人もいます。しかし閲覧者数がそれ以上に多いならば、大多数は面白いと思ってくれていると自信を持っても良いと思うのです。良い読者はだいたい控えめなサイレント・マジョリティーです。そう信じて記事を書けばいいのではないかと思うのです。